インプラント治療は歯の抜けたところにチタンなどの人工歯根を埋め込んで、アバットメントにより人工の歯を被せる治療法です。
人工歯根治療とも呼ばれており、歯を失った高齢の患者が主に受けています。
インプラント自体は顎の骨格に馴染むよう埋め込まれており、しっかりと固定されています。
それ故、自分の健康な歯のように強く噛んでも大丈夫で、長く装着しておくことができます。
また快適性や審美性にも優れています。

この治療法が適しているのは健康な歯を削るのが嫌な場合や入れ歯が合わない場合、そして自然な歯並びを取り戻したい場合です。
ブリッジ治療ではブリッジの支台とするために、両隣の歯を削る必要があります。
一方、インプラントの場合は、歯が抜けた場所に埋め込むので、両隣の歯を削らなくても済みます。
また部分入れ歯の場合は、入れ歯の金具に違和感を感じることがあります。
時には支えている歯に負担がかかるので、歯を痛めてしまうこともあります。
加えて、入れ歯が合わないと食べづらくなるので、ストレスがたまる原因にもなりかねません。

インプラントは入れ歯ではなく、自分の歯が復活したように食べたり話したりできるものです。
入れ歯ではないので金具の違和感もなく、口を開けて笑うこともできます。
一方、総入れ歯の場合は、口の中で動いてしまう傾向があり、食べにくかったり話しにくかったりします。
それに対してチタンのインプラントはしっかり骨格に固定できるので、自然に振る舞うことができるわけです。

インプラント治療の流れとしては、レントゲンなど十分な検査を行い最適な治療計画を立てていきます。
実際の手術では、歯の抜けたところにインプラントを埋め込み、顎の骨に定着するのを待ちます。
その期間としては3~6ヶ月で、その間は硬いものを食べるのを控えます。
土台がしっかり安定した後は、人工の歯を上から被せることになります。
インプラントを長く保つには日頃の手入れが肝心で、自分の歯と同様に歯磨きをすることが大事です。

インプラント治療の最前線には、少数埋入の治療法も開発されています。
一般的な治療では一本の歯ごとに人工歯根を埋め込みますが、少数法では最小4本の人工歯根で義歯に近い本数を支えることが出来ます。
それ故、殆どの歯を失った患者でも、少ないインプラントで完全に近い歯並びを手に入れられるわけです。
この治療においては、CT撮影などで十分検査を行った上で、最適な挿入場所を決めます。
インプラント治療を行う歯科によっては可能な治療法なので、治療前に調べてみましょう。

少数埋入のインプラント治療は、歯茎を切開する必要がないので、ダウンタイムが短いのも魅力です。
そして、手術時間も約1時間で完了するので、患者の負担が大幅に低減されています。
何よりも、少ないインプラントで全部の歯をカバーできるので、費用的にも大きなメリットがあります。
因みに、当治療法は保険の適用外なので、費用は全額患者負担となります。