チャンピックスで脳血管障害を防ごう

チャンピックスは某外資系製薬会社が開発した世界初の禁煙補助剤の飲み薬であり、効果は抜群で今や多くの国々で使われています。国内においても禁煙補助薬の中では飛びぬけて使用量が高いです。タバコの値上げや健康志向のため、タバコを止めたいという人が増えています。ただし、止めたいと思っていてもなかなか止めるのが難しいです。脳血管障害になってしまった人特に健康のことを考えると、タバコはすぐにでも止めてほしいものです。タバコによる人体への悪影響は計り知れないからです。肺がんや心筋梗塞、また血管にも影響を与えますので、脳血管障害をひきおこすこともあります。

チャンピックスは、すべての医療機関でもらえるわけではないです。「禁煙外来」の許可をとった医療機関だけ診ることができます。ですから前持って電話で確認するとよいでしょう。チャンピックスは決った飲み方がありますので、飲み方に関しては薬剤師の方から薬の交付時にかならず説明があります。計12週間服用続けますので、飲む忘れがあると効果が薄れてきます。また飲み忘れの回数が多いと、次回の診察のときに保険が使えないことがありますので、しっかり服用しましょう。また副作用に眠気やふらつきがありますので、チャンピックスを服用している期間中は車の運転に注意してください。別の薬を服用している方は、チャンピックスが併用できないことがありますので、別の医療機関で薬をもらわれている方は必ず医師や薬剤師に伝えてください。

とにかく人生健康が第一です。喫煙されている方は健康のことを考えてすぐにでも止めましょう。心臓は心筋梗塞、脳は脳血管障害を突然招きますので、もし脳血管障害でも発症してしまったら、植物人間あるいは手足の麻痺などを引き起こしますので、ひじょうにつらい人生を歩むことになります。