チャンピックスには喉の痛みなどの副作用もある

タバコを習慣的に吸っている人は、そうではない人と比較したときに肺がんや呼吸器疾患の発症率が高くなると言われています。
タバコによる病気の発症率を減らすためには、禁煙することが最も良い方法と考えられているために世界的にみて禁煙が推奨されています。
日本においても禁煙治療が医療機関で受けられるようになっており、従来までのニコチンガムやパッチを使用した治療法のときには、禁煙できないと感じる人が多かったと言えますが、現在では禁煙補助剤のチャンピックスの処方が行われています。

チャンピックスを利用して禁煙することで様々な苦しみを和らげてくれ、タバコを吸いたくて仕方ない気持ちも抑えることができます。チャンピックスを服用する前には、禁煙できることは嘘だと感じていた人であっても、高い禁煙成功率を達成しています。チャンピックスの服用による禁煙の成功率は厚生労働省でも認められているほどです。
チャンピックスは禁煙補助剤で医薬品に該当するために、専門の医療機関を受診することで処方してもらって入手します。医薬品である以上、多少なりとも副作用を発症するリスクもあることがわかっており、症状としては吐き気や腹痛、頭痛、抑うつ的な気分になること、喉の痛みや腫れなどが発症する可能性があります。
喉が赤く腫れているイメージ喉の痛みや腹痛、頭痛などのひどい症状があらわれたときには、服用することを止めて医師に相談することがおすすめとなります。眠気やめまいなどの症状が起こる可能性があることから、チャンピックスを服用したときには自動車の運転を控えることが賢明です。
喉の渇きが激しいときについても、担当医に相談してチャンピックスの服用を継続するべきかどうか相談したほうが良いと言えるでしょう。