チャンピックスのジェネリック薬品は簡単に入手可能?

外来で医師の診察を受ける女性現在、禁煙を試みる方法としては、自分の意思の力でなんとか頑張ってみるか、禁煙外来に行って医師の診察を受けながら、チャンピックスなどの禁煙補助薬を処方してもらうという方法があります。どちらも簡単にできるものではありませんが、ニコチンをいきなり断つことで今までニコチンによって補われていた脳内の快楽物質が失われるため、イライラしたりうつになったりなどの禁断症状が出やすいのです。ニコチンガムやニコチンパッチは少量のニコチンをとり入れながら禁煙を進めていくため、これらの症状は多少緩和されますが、ニコチン依存が完全に解消されるわけではありません。

その点チャンピックスはニコチンを含んでおらず、ドーパミン替わりの物質になりますので、ニコチンを摂取せずに、禁煙時のイラつきを抑え、依存症を克服していくことができるのです。
また簡単に摂取できる経口摂取薬のため、続けやすい点という利点もあります。しかし、チャンピックスを処方してもらうためには、禁煙外来を受診する必要があり、治療に必要な条件を満たしていない場合、治療を受けることはできません。
治療には医療保険が適用されますが、12週までを上限としているためにこれ以降に治療を続けたい場合やチャンピオンの処方を希望する場合、全額自費負担になります。このような場合は、海外からの個人輸入を利用して割合簡単にチャンピオンや他のジェネリック薬品を手にいれることができます。チャンピックスのジェネリック薬品は発売されていませんが、禁煙補助薬ザイバンやウェルバトリンSRのジェネリック薬品であるブプロンSRは購入することができます。日本ではまだ承認されていませんが、海外では10年以上も前から使用
されており、ニコチンを含まない禁煙補助薬です。ブプロンSRは価格も安いため、費用を抑えることもできますし、この薬を用いて禁煙に成功している人もいます。