チャンピックスの最安値

チャンピックスは成分のバレニクリンがニコチン受容体に結びつくことで、タバコへの欲求を抑え、禁煙することで起こるイライラや不安感などの離脱症状を軽減する禁煙補助剤です。チャンピックス服用中でもタバコを吸うことが可能で、ニコチンを摂取する満足感を抑えることで、徐々にタバコから離れられるとされていて禁煙を目指す人に人気のある薬ですが、購入しようとすると医薬品であることから医師の処方が必要となります。

電卓と預金通帳と薬を買うお金そのためチャンピックスの入手経路は、禁煙外来による治療の過程による処方か、個人輸入代行業者を経由した購入の2つとなります。毎日服用することになるので薬代は意外と高額になることも多く、購入するなら安いところでと考えるのは当然と言えるでしょう。
この場合、医師の処方による購入は高額になるのが通例ですが、実は禁煙外来で保険が適用されるとどこよりも安くなります。禁煙外来では診察代、ニコチン依存症管理費、処方箋料、薬代という内訳で、12週間分の治療代が保険適用によって、自己負担額3割の約20,000円かかります。この中でチャンピックスの薬代が約13,000円となりますが、1日2錠の服用とされるので1箱28錠入りで2週間分と考えると1箱で2,166円ほどです。個人輸入によってチャンピックスを購入する際の最安値は、1mgの1箱28錠入りで5,500円前後となっているので、3ヶ月継続使用するとして33,000円となるため、保険が適用された禁煙外来よりも高額になります。保険適用による禁煙外来は3ヶ月が限度となっているので、保険が適用されなかったり、3ヶ月以上の継続使用が必要な場合は別ですが、禁煙外来による処方がもっとも安く購入できる手段と言えます。