歯の色が黄ばんでいると口元がキレイに見えないので、審美歯科でホワイトニングを受けて歯を白くしてもらうのがおすすめです。
歯の色は口を開けた時に意外と目につくため、黄ばんだ色のままでいると人からの印象が悪くなる恐れがあります。
特に女性は美人と言われたいなら口元に清潔感があることは重要となるので、審美歯科でのホワイトニングを利用することが自分のイメージアップの役に立つことでしょう。

審美歯科で歯を白くするための方法には、ホワイトニングの他にもホワイトコートやラミネートべニアといった方法があります。
それ以外にも、セラミックの被せ物を使って歯の色と形などを一気にキレイにする治療法なども審美歯科では利用出来ます。

しかし、歯の色だけを白くしたい人に一番おすすめなのはホワイトニングだと言えるでしょう。
何故なら、ホワイトニングは歯を削らずに、人体にとって安全な漂白剤を使って歯の色を白くする施術だからです。
例えば、ラミネートべニアは歯の表面に加工をすることで歯を白くしたり形を整える方法であるため、自分の元の歯が削られて少なくなってしまいます。
セラミックの被せ物も元の歯を削ってから被せる必要があるので、歯の色だけを白くしたい人にはあまり向いていない方法だだと言えるでしょう。

歯が黄ばんだり着色されてしまう原因には、タンニンが含まれる紅茶や緑茶などを飲んだり、ターメリックが含まれるカレーを食べるなど、歯に色が着きやすい飲食物をよく摂取することが挙げられます。
これらの飲食物に含まれる色素によって着色してしまった歯は、歯科医院でホワイトニング用の漂白剤を塗ってから特殊な光を照射することで白くすることが出来ます。
また、自宅でホワイトニングを行える器具を作ってもらえる審美歯科もあるため、相談してみると良いでしょう。

歯に着いた汚れを落とし歯をキレイにする方法としては、歯のクリーニングもありますが、歯のクリーニングよりも白く明るい色の歯にすることが出来るのが審美歯科で受けられるホワイトニングです。
歯の白さにも自然な白さから輝くような白さまで様々な段階がありますが、医師と相談すれば自分の好みの白さに近づけてもらえるのもホワイトニングの便利な所となります。
それに対してホワイトコートという施術は、歯にマニキュアのようなコーティング剤を塗って色を白くする方法です。
すぐ歯を白く出来るというメリットがある反面ホワイトニングよりも不自然な仕上がりになるので、利用したい時は気をつけると良いでしょう。