歯科の科目に審美歯科があります。
審美歯科は主に美容面を中心として治療が行われ、その中には歯や歯茎をきれいにする分野もあります。
一般的に知られているのは歯をきれいにする治療があり、最近では女性だけでなく男性に対しても行われています。
歯が汚れる原因はタバコやコーヒーなどいくつかの要素があり、治療では漂白剤を用いてエナメル質の着色汚れを分解していきます。
漂白剤には過酸化水素を主成分とした薬剤が用いられ、安全性が認められたものが使用されます。
薬剤にはもう1つ過酸化尿素が配合されているものがあり、市販品に広く利用されています。
どちらも歯を漂白する効果があり、特徴として、過酸化尿素は使う際に過酸化水素と尿素に分解されることがあります。

歯茎をきれいする場合にはガムリーピングと呼ばれる治療が行われます。
ガムリーピングは歯茎の色が黒ずんでいる人や口元をきれいにしたい人、人と会う機会の多い人などに向いており、美容面で高い効果が期待できます。
種類には大きく3つがあり、薬剤を用いる方法、レーザーを照射する方法、外科手術による方法があります。

薬剤を用いる方法は、歯とは異なり、エタノールやフェノールといった専用のものが使用されます。
この方法は複数回続けることで効果があり、薬剤を塗った後に表面にできる白っぽいかさぶたのようなものが剥がれることで着色汚れを落とせるようになります。

レーザーによる方法は、歯茎の黒ずんだ部分にレーザーを照射して汚れている箇所を取り除きます。
治療は歯茎表面に麻酔を塗って行われ、痛みをほとんど感じることなく受けることができます。
ただ対応している歯科医院は少なく、事前の確認が必要になります。

外科手術による方法では、黒ずんだ部分を切り取ることできれいな粘膜にします。
外科手術によるガムリーピングが行われるのは稀であり、歯茎の形が気になる場合や歯の大きさが気になるといったケースで一緒に行われています。

薬剤によるガムリーピングの基本的な流れは、カウンセリングから始まり、歯茎の消毒、麻酔の塗布、薬剤塗布、薬の拭き取りを経て水で洗って乾燥し終了となります。
歯科医院によって違いあるものの1~6回程度繰り返すことが多く、仮に痛みが出た場合には痛み止めを使用します。
ガムリーピングでは治療後に配慮が必要になります。
主な注意点には、刺激のある飲食物は避けること、歯茎にできた膜を無理に剥がさないこと、タバコや着色の強い飲食を控えることがあり、歯茎が非常に敏感になっていることに気を配る必要があります。