チャンピックスってどんな成分の薬?

病院で禁煙の治療をしようとしたら治療薬として用意されているチャンピックスは、禁煙補助剤として使用される飲み薬です。従来のニコチンを使った置換療法とは異なり、バレニクリンを有効成分として自律神経のニコチン受容体に作用し、タバコを吸いたくなる欲求を抑える医薬品となります。
バレニクリンはニコチン受容体に対して選択的に結合して軽い刺激作用を持つことで少量のドーパミンを放出させるほか、ニコチンに対しての拮抗作用を持っています。タバコを吸うと血液中にニコチンが吸収され、脳に到達することでニコチン受容体に結合し、刺激を受けることで快楽に似た神経伝達物質のドーパミンを放出して体が安堵感といったものを覚えますが、ニコチンが受容体に結合できる時間は1時間もなく、すぐに消失してしまいます。
するとドーパミンの放出もなくなり、これまで感じていた安堵感との落差が酷く、すぐに次のニコチンを欲しがるようになってしまい、この悪循環がニコチン依存症となります。

チャンピックスを服用することで有効成分であるバレニクリンがニコチン受容体に結合し、タバコを吸うことで補給されるニコチンが受容体に結合するのを防ぎます。ニコチンでは1時間程度の結合時間でしたが、バレニクリンは24時間は結合すると言われており、長い時間をかけて受容体を刺激し、少量のドーパミンを放出することで禁煙で落ち着かなくなる離脱症状を軽減させることができます。チャンピックスを服用していると、タバコを吸ってもニコチンが受容体に結合できなくなっているので満足感を得ることが難しくなり、ただ煙を吸っているだけのような感覚となります。煙草を不味く感じている男性そのうち満足感が得られないだけでなく、タバコが不味く感じるようになるのでこれによって禁煙ができると言われています。

チャンピックスでの禁煙成功までの期間

外来待合室病院の中には禁煙外来と呼ばれている診療科を持つ施設が在りますが、禁煙外来と言う言葉はテレビコマーシャルなども有名にもなり、お医者さんの力を借りて禁煙を成功に導く事が出来る禁煙治療を行っている診療科です。 通院するタイミングは初診、2週目、4週目、8週目、そして12週目の5回になりますが、この時にチャンピックスを処方して貰う事になります。

チャンピックスは通販サイトなどでも購入する事が出来るため、禁煙外来を使用せずに自らの意思でチャンピックスを購入して禁煙治療を行う人も少なくありませんが、禁煙外来の場合は担当医がニコチン依存症と言った診断を下すことで保険治療が可能になるため、通販店でチャンピックスを購入するよりも安くなると言ったメリットもあります。 初診の時から薬が処方されて治療を開始する事になりますが、チャンピックスは12週間の禁煙プログラムを達成する事が禁煙での成功に導くコツでもあるのです。服用している中で、薬を飲まなくても禁煙が出来るからと止めてしまうと、ニコチン依存症の度合いに応じて禁煙習慣が戻ってしまう事もある為、自己判断せずに決められた期間を最後まで服用を続けることが大切です。

一般的にチャンピックスを服用して12週間の禁煙プログラムを達成した場合の成功率は途中で止めてしまった時よりも高くなるため、3ヶ月という期間の中でチャンピックスを服用する事がお勧めです。 また禁煙プログラムを達成した後も、不安と言う人はチャンピックスの服用を続けることで煙草に対する欲求が減るメリット、血管や肺がんなどのリスクを引き下げられるなどのメリットにも繋がります。その際は通販を利用して必要分を買うという方法もあります。

禁煙を始める前にタバコをやめる事を周りの人に伝える

禁煙を決意しそれを開始する前に、そのことを周囲の人に伝えておくことには様々なメリットがあります。 まずは禁煙が行いやすくなると言うメリットです。これは特に周囲の人にもタバコを吸う人がいる際に言えることです。禁煙を開始したことを黙ったままでいるとたとえばタバコをすすめられた時にも断りにくいですし、また断ることで人間関係にも多少なりともヒビが入ってしまうという可能性もあります。

しかし禁煙を開始したこと、そしてその意志が強いことを伝えておけば遠慮なく断ることができますし、もしその人がタバコを吸い始めた時にも正当な理由で席をはずすことができます。それから、自分の気持ちが揺らいだ時に戒めてくれる人ができると言うメリットもあります。禁煙には勿論、その人の強い意志が必要不可欠ですが、禁断症状をはじめとしてその強い意志をもくじけてしまうような要素はたくさんあります。その際、それらに自分ひとりで耐えると言うのはなかなか辛いものがあります。

禁煙していることを周囲の人に伝えておけば、気分転換の際にも話し相手になってもらえますし、時には厳しくタバコに伸びそうになった手を止めてもらえるはずです。 そして自分自身の中にも、ちょっとやそっとでは目標を挫折することができないと言う気持ちが生まれると言うメリットがあります。これは禁煙に限ったことではありませんが、目標は公言した方が達成できる可能性が高いと言われています。 その理由としては公言することで自尊心に火がつく、言ってしまったことに対して責任を果たそうとする気持ちが生まれる、そして周囲の人の目があるため自分に対して言い訳ができなくなると言ったことが挙げられます。 勿論、これは人によりけりですが、特に禁煙は達成するのが難しい目標と言われていますから公言した方がこうしたメリットを得ることができるため、達成しやすくなるかもしれません。